PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑ | EDIT ≫

日常の生活

東北地方太平洋沖地震から早10日が過ぎ
テレビは、被災地域で、笑顔で炊き出しをしている女性、
家族を津波で亡くしながらも、職場の上司に「ありがとうございました」と言う女性、
みんなを音楽で元気づけたいと、トランペットで『ふるさと』を吹く女の子、
住民基本台帳が流されたので、炊き出しの受付兼住所録の作成受付をする小学生など
本当に、被災された方々の“今”を写しだしていました。


私はその映像を見て、今回、「Japan is rich in resilience」と称賛されたことを思い出しました。
レジリエンスとは、なじみのない言葉ですが、
心理学の世界ではしばしば聞かれていた言葉で、最近、看護界でも注目をされ始めた言葉です。

[レジリエンス(resilience):
困難で脅威的な状況にもかかわらず、うまく適応する過程・能力・結果のことを]

まさに、今回、被災された方は、非常な困難の中にいながらも
今日が今日で終わってしまうわけではなく、明日につながっているんだ
という『希望』を持って、この状況に適応していっているんだろうなと思いました



一方で、テレビからは、円高が見たこともないくらいに進んでいて
輸出企業が多大なダメージを受けるのではないか?
このままだと、日本の経済が今までにないくらいの不況になってしまうのではないか?
と、不安になるニュースも飛び込んでくる毎日。
そんな中、今、自分にできることは
「外出をするなんて不謹慎かも…」と悩むより
「今までどおりの生活を続けること。今、お財布のヒモを閉めないこと」だと私は思いました。
もちろん、節電やガソリンなどの買占めはしないように気をつけることを前提ですけどね。



ということで、私なりに、いろいろ考えた結果
お友だちに会いに行きました。


あすさみの日々のつぼみさんとすずちゃん




L's TalkのGAUさんとLibero
IMG_1873.jpg
(ラン、がっつきすぎ…)


道産子つぼみとお姉ちゃんのお姉ちゃんとつぼみちゃん
IMG_1946.jpg


今回は4人と4ワンでインディアン・ボーイズでお会いしました。
スポンサーサイト

| 2011年 3月 | 12:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑ | EDIT ≫

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。